FC2ブログ
キャバリア めっちゃん さんちゃん + ままの日記
キャバリア めっちゃん それから さんちゃん  ふたりの成長記録と飼い主のささやかな日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろありました 2
めるもの抜糸は、たぶん明日です

お腹の半分以上もある傷口(T_T)


今 いつもの通りに部屋の中をパタパタ歩く姿を見ているだけで、
うれしさがジーンと心を満たします


手術の翌朝、面会に行きました。

ゲージの中で点滴をして横たわる めるも

私達が入って行くと、しっぽを動かしました。


自分がなんでこんな状況になっているのかなんて、
きっとわからずに 痛い思いと、動けない辛さ
寂しい気持ち、不安な気持ちでいっぱいなのでしょう。


涙をこぼさないように努めていましたが、
無理でした。



息をしている生きていてくれた、それがすごい嬉しかった



娘は、そんな めるもの姿を見てから東京へ出発しました。



 次の日からも毎日朝面会に行きました。
 13日からは病院もお休みに入るので、
 もしかしたら 今日 退院かな  あした 退院かなと 期待しながら 
 朝 8時30分に 病院へ行っていました。

 12日からは、毎日 少しずつ 病院前を散歩させてもらいました。
 おしっこはしてくれませんでしたが、頑張って うんちをチビットだけしてくれます。
 そして、また 病院へ戻ります。
 
 もどって 体温と心拍数をはかります。

 が、これが とても良くない数値が続きました。

 心拍数が通常の半分  
 体温も2度ほど低い

 この状態は、麻酔の影響で交感神経が????どうたらこうたら

 生命の危険まではないとのことでしたが、
 また 点滴と 注射 と 心電図での検査  

 ご飯も水も 口から摂取してくれませんでした。

 めるもの体温が少し上がり、心拍数も少し戻り 
 退院できるまで、
 東京で頑張っている娘には、このことは 内緒にしていました。

 毎日 ちょっと外に出る散歩の動画をメールしました。
 
 私の中にたまに浮かぶ、悪い瞬間
 考えないようにしながらも、どうしても浮かんでくる思い
 打ち消してブルブル振り払っていました。

 さんた の くったくのない笑顔は、そんな私の支えになりました。

 TS3E0221[1]



 めるもが、 なんとか家に戻れたのが、14日でした。
 
 ほっとしました。でも不安もありました。
 全快ではないので、
 大丈夫だろうかと、心細く思いながらの退院となりました。

                                       長くなったので、つづくにします。

 
スポンサーサイト

いろいろありました①
20090819103411
20090819103409
怒涛の八月


この言葉がぴったりな 夏 を過ごしていました。

ワンコたちの事も、ニンゲンたちの事も~


今日、やっと、ひといきです。


めるも が、10日に 緊急手術をしました。

抜糸はまだですが、だいぶ回復してきています(*´エ`)


 
10日の朝、血をはいて苦しそうな様子だったので、
いそいで病院へ行きました。

にさんにち前にも、散歩中に食べた草やご飯を吐いたことも
あったのですが、夏ばてかなぁと  少し様子を見ようと
思いながら過ごしていました。



レントゲンを撮影し、写ったのは、飲み込んだ石 4個


胃に3個、腸までいっているのが1個。

ガスも溜まり、お腹が張って来ている状態。

かなり前にのみこんだものなら、腸の壊死も考えられるので、
すぐに手術をしたほうがいいということになりました。

診察終了後、午後からの手術


娘と一緒に病院に言ったのですが、
先生からの話を聞いて
二人ともショック状態でした。

娘は、次の日からしばらく東京へ行かなければいけません。
自分の事での不安な気持ちに
めるもの心配も重なり きっとずいぶんと つらかったのではないかと思います。


手術や治療は、先生方にまかせるしか方法はなく、
私たちはなにも めるものためにしてあげられなくて、
ただ手術の無事を祈るばかりでした。


その日は、打ち合わせの予定がたくさん入っていたため、
仕事も休めず 、携帯を常に側に置きながら、
打ち合わせをしていました。

ちょうど打ち合わせの空き時間に病院から連絡があり、

無事に終了し めるもちゃん がんばりましたよ~ と 言われた時には、
涙がこぼれてしまいました。




石は、家の庭に敷いてある 石です、たぶん

お腹からでてきた石は、親指の四分の三位の大きさ(T_T)


めるもは、石をくわえるのが 大好きでした。
くわえながら散歩をするのが、ほぼ毎日でした。



まさか それほど大きな石を飲み込んでしまうとは…




でも、わたしの責任です。

くわえるのを許していた 飼い主の罪です。

深く反省しています。

これからの大きな課題です。
もう二度とくわえさせない、飲み込ませない。






今朝は、カリカリご飯もしっかり食べています。

も順調です。


きっと 順調に回復していると思います





入院中 や 退院後も色々ありました。

また 続きの日記に書きます




さんた は、少しの間の一人っ子

寂しそうな様子だったり、甘えっ子でベタベタだったり、


わたしの実家へも行きました。お墓まいりにも一緒に行きました。
一人っ子で、みんなの中心に座って、とってもおりこうさんな さん坊でした。



またそんな さんたの様子も 続きに書きます


カテゴリー



プロフィール

めるぷる

Author:めるぷる
めるも 4月で8才になります。
お嬢様モード炸裂の女の子

さんた 7月の誕生日で11才になります。
甘えん坊でビビり
でも母にとっては頼りがいのある男の子

ふたりへの親ばか日記と
私の日常のヒトコマと
大好きな家族の成長をつづっています。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



フリーエリア



QRコード

QRコード



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。